· 

ぼーっとする坐禅

#012 ぼーっとする坐禅

 

【質問者】

何も考えないようにして坐って目を開けて前をじっとみていると、ぼーっと焦点がずれたような状態になって、そこでハッと気が付いて、目をパチッと開けて、それはぼーっとしていたのか、何も考えないでいたのか、そこはどうなんでしょうか?

 

【老師】

だから意識が朦朧としているのでは坐禅はむりだね。

だから目を開けて坐らせるし、舌を上の顎につけるってことは、これはきちっと意識がある証拠です。

ぼやーっとしている時の自分の口の中を見てみてごらんなさい。舌の中に空洞ができる、口の中に。

こう、こんな感じ(口が半開きの様子をつくる)でいますよ。

キリッとしたいい男というじゃないですか、口元。

目元でもそう、キリッと、こうやって、目に力がある。

ぼーっとしていたら能力なし、思考能力もない。

 

提唱質疑から