· 

見返りを求めない

#015 見返りを求めない

 

【質問者】

事実から受ける感動(かんどう)ってありますよね?

 

【老師】

私は貫道(かんどう)です。(一同笑い)なんかウケたでしょう?いま。

 

【質問者】

例えばすばらしいものを見たとか、とてもおししいレストランで食事したときとか、その受ける感動というのは好き嫌いとは別になるんですか?感動しないっていっても感動してしまってるんで、それは思量のうちに入るんですか?

 

【老師】

そのままでいいじゃない?

だってどうしないのに、そうやって体が感じるのでしょう?

自分の思いで作りあげたものじゃないのでしょう?

 

【質問者】

はぁ。よく一流にふれるっていうじゃないですか?一流のコックさんは一流の絵を見なさいとか。

その一流っていう判断も人がしたものなので、一概には言えないのでしょうけど、じゃ一流の概念はなんだろうみたいな?

 

【老師】

いや、やっぱり、つけるんだったら、ものの本質を本当に知ってる人でしょうね、その道、その道。

 

【質問者】

いま世の中の仕事と呼ばれるものが、ほとんど思量だと思うんですね。

私もこの値段でこういう風に作れば、この人が買うだろうっていう、ものすごい思量で作業をしてるんですよ。

 

【老師】

それは商売だからでしょう。

お金を儲けることが主眼だからです。

 

【質問者】

見返りを求めることが、いま生きることの糧になってしまっているのがほとんどなので…

 

【老師】

そうすると、収入があるから豊かな生活ができる、それで幸せだと一応、思ってるわけでしょう。

だけども、いい仕事をしたい人たちは見返りも考えないし、欲得も考えないし、思う存分自分の持てる力を発揮して仕事をしたい、ただそれだけじゃんね。

その時の大変さってあるじゃないですか?

 

釈迦が、なんであれだけの人物になったかって、本当に全部捨てた人だから、すごい。

地位も名誉も財産も何もかも捨てて、このことだけを本当に極めたいと思って過ごした人だから、こうなったんじゃない。

生半可じゃこんなにならないよ。

だって、誘惑がいっぱいあるでしょう。ねぇ。

あれだけの一国の王子として、小さい国ではあったけど、そのまま順調に育ったら国王ですからね。

何不自由ない生活ができるくらいの位置にいるじゃん。

だけど、そんなことに目もくれなかった人。

 

世の中に、これはっていうような仕事をする人は、ほとんど一度貧乏だよね。

うん、ほとんど貧乏だ。

金儲けなんか考えて、いい仕事ができるわけないじゃないですか、悪いけど。

そういうときに、どっち行くかだよ。

ひとりだったら、自分の判断だけですむけども、家族がいたり色んなものがあると、その人たちのことを思うと、ねぇ、泣く泣く生計を立てる方に行ったりするじゃないですか。

その時に協力者が「貧乏でもついていきます」っていうような人がいると、いいものができる。

そりゃ、そういう生活をしている人にふれた時にパートナーが、その人の生きざまを見て心を動かせるだけのものが、あるかないかじゃない?

 

この人のためなら、付いて行ってもいいって思わせる人がいたら、そりゃやっぱねぇ。

うらやましいでしょう?そういうことじゃない。

それじゃ、だれがそれを作るかっていったら、各自自分が生きていく生きざまで、そういうことが起こってくるだけじゃん。

 

だから離れていったら、それでいいじゃないですか。

どうしても一緒にいなきゃならんこともないでしょう。

そのかわり全部責任をおわなきゃなんないねぇ、いろんな意味でね。

大変だね、そういうことを考えてみるとね、まじめにやるって。

そこで、頑張り切った人は残りますね、見てて。

 

豆腐一丁つくってる店でも最後は頑張ったところが残るね。

対抗馬がなくなったときに残るから、生きてるからかもしれない(笑い)不思議だね。(笑い)

貴重価値ですね、あれね見てるとですね。

 

提唱質疑から