· 

気を付ける

#031 気を付ける

 

【老師】

なんか他にあったら、何でも。

修行するって言うことは、皆さんが考えてることと違うってことぐらいは、わかって欲しい。

やり替えることじゃないですね、作り替える事ではない修行って。

その前に、やって欲しいことは、本当にどうなっているかって事を見届けてほしい。

もしその上で、なんかまずいことがあるんだったら、言ってください。

不思議に見届けてみると、自分の思ってる事と違う、こんなにうまくできてるかって言うぐらい、うまくできてる。

 

【質問者】

見届けるって言うのは、ハッキリするとこまでやる?

 

【老師】

こうやった(手に持った扇子を立てる)時にハッキリしてるでしょう?

なんか半信半疑ですか?(笑い)

 

【質問者】

いいえ。

 

【老師】

それだけゃない?見届けるって、そんな難しい事はない。

カチッ(扇子で机を叩く)こうやって聞き届ける。

 

【質問者】

今こういう場でこう話聞いて、それが起こったらパン!(手を叩く)そうだって思うけど…

 

【老師】

これ、思うの?

カチッ(扇子で机を叩く)

 

【質問者】

違う、違う(笑い)そうじゃなく。

 

【老師】

ねぇこれ、そうだと思う範囲じゃないでしょう。

 

【質問者】

わかる、でもない?

 

【老師】

もっと、確かなことでしょう。

言葉で言うと、そうだとか、わかるって言うのだけど。

動かす事の出来ないほど、カチッ、一点の曇りもないほど確かでしょう?カチッ。

そういうことに触れてるから、わかったとか言うのでしょう、カチッ。

思うんじゃない、叩いたらそういう風になると思うんじゃない。

そんな程度の事はじゃないよね、もっとちゃんとしていること。

だけど答えがそうやって出て来るというところに、もう一つ私たちは見なけらりゃならないのは、やっぱり正直だから、ここで(頭を指しながら)理解しているだけだなぁって言うことが、そういう風に”思える”って言わせるんですね。

ここ(頭を指しながら)理解しているだけの範囲だから。

 

【質問者】

確かに理解している自覚があるというか…。

 

【老師】

それは必要だけども、その理解よりも、もっと確かなことがあるじゃん、カチッ。

それ実物です。

実物は理解よりも、もっと確かです。

 

【質問者】

さっき、やり替えるとか、そういことじゃないってありましたけど…

 

【老師】

カチッ(扇子で机を叩く)、こうやって聞く時に、やり替えられるかしら?この音を聞くのに。

 

【質問者】

普通、日常生活の中ではそれが、そう”思える”わけです。

その自分が考えを付けたことに対し、そうじゃない見方をしようという努力というか、日常的にすることは意味があるか?邪魔になるか?ならないか?と言ったら…

 

【老師】

日常的って言ったって、厳密に言ったら、日常的って想像しているだけであって、実際の自分の生活っていったら、今こうやっている他ないんですよ。

 

【質問者】

お家に帰ってからでも?

 

【老師】

お家に帰った時でも、帰ったらこうやって、お家に帰った様子があるだけですよ。

ここで、こうやっているのとなんだ変わらないですよ。

 

【質問者】

う~ん、そうなんですけど。

 

【老師】

みなさん、本当にそういうこと、やっぱりよくわからない。

 

【質問者】

ものには用途がある、用事があるから、そこにあるっていう風な…

 

【老師】

用事がなくったって、ここに居るかもしれん。

 

【質問者】

用事がなくてもあるものは…

 

【老師】

爪楊枝じゃん。(一同笑い)

 

【質問者】

ちょっと、もうよくわからなくなりました。(笑い)(一同笑い)

付いたものを取るような作業を、頭の中で付けた事をいやいやっていう…

 

【老師】

カチッ(扇子で机を叩く)、聞こえたものをどこで剥がすんですか?

 

【質問者】

聞こえたものは、ちょっと無理なんですけど。

 

【老師】

(扇子を広げる)見たものをどこで剥がすの?

 

【質問者】

扇子を広げたって思うけど、そうじゃない、その様子があるっていうような…

 

【老師】

そんな事言わなくたって、このとおり(扇子を広げ、ひっくり返しながら)、こうやってちゃんとついてくるじゃないですか?実際は。

 

【質問者】

余計な事しなくていいってことですか?

 

【老師】

余計な事をする必要ないでしょう?

こっち(扇子をひっくり返しながら)の方が、確かなんでしょう?

あなたが余計な事をするより、こうなっている時とこうなってる時(扇子をひっくり返しながら)、こうなるんでしょう?

 

【質問者】

でも、なんとなく思い替えないと、そういう風にならないっていうか(笑い)

 

【老師】

ほんとに?思い替えないとこういう風に(今度は紙をひっくり返しながら)ならない?

 

【質問者】

いや、癖があるので…

 

【老師】

そんなことないでしょう?思い替えなくたって、あなたが思い替えなくたって、なるでしょう?ちゃんと。

 

【質問者】

それもわかるんですけど…

 

【老師】

だから、わかったらいいじゃないですか?

わかったら、この事実にやっぱり用がある、考え方じゃなくて。

わかったのに、考え方で終わらせていくんでしょう?

わかったら、この事実に用がある、それが非思量を使うということでしょう。

 

【質問者】

う~ん、気を付けておくとかじゃないですよね?

 

【老師】

気を付けないと、そっち行っちゃうでしょう?

 

【質問者】

はい。じゃ気を付けます。

 

【老師】

そりゃそうです。

人任せにそうやっていたら無理でしょう。

誰の事か知らないでいるわけだから、人任せじゃ。

だって、何から何まで自分の活動ですよ。

 

提唱質疑から