· 

すっかり離れきる

#043 すっかり離れきる

  

 【質問者】

気になることがあります。散歩の途中に大阪湾の景色がなくなっていくのを、これどういうことやろうと考えたりするのですけど、見た世界が不思量の世界、それを考えたいというんか、不思量底を思量するとは、どういことなんやろうと思ってます。

 

【老師】

不思量って、人間の考え方が付いてないだけじゃないですか。

 

【質問者】

はい。じゃ考えないということですか?

 

【老師】

だって、こうやって大阪湾の様子にふれてるとき、考え事をしてるのと、本当にそのとおりいるのでは違うじゃないですか?

眺めるのと、本当に今こうやってるのとは違いじゃないですか?

眺めるっていうことは、少なくとも自分をここに置いといて、向こうの景色を相手にするということでしょう。

これは、間違いなく思量の範囲でしょう。

本当にこうやって、大阪湾の様子にこうやっているときに、眺める人なんかどこにもいないじゃん。

大阪湾の様子だけがあるんゃないの?

 

【質問者】

そこまでは、なかなか。

 

【老師】

いろんな例えをだしますけど、映画館に行って映画を見るんだって、初めは映画見てますよ。

だけども、知らないうちに映画を見てるなんて、思わないじゃないですか?

で、終わったときに我に返って、あっ映画を見てたってことに気が付く。

ああゆうものだって、見てごらんなさい。

本当にものを見てるときには、必ず見てる人がいなくなる。

その、いなくなったときの内容を振り返ってみると、本当に、今だかつてふれたことのない様な不思議な世界に生きてるでしょう。

何もする用がないほど。

心底、楽しめるんでしょう。

 

【質問者】

そのときは、自分が映画の中におったような。

 

【老師】

そういうことで、ものの真相がどうあるかってことに、チラッとふれると、あっ本当に思量してる世界と思量を離れてる世界って、こんなに違う、ことくらいは明確になるんでしょう。

私が、あと説明しなくていいぐらい、非思量の世界ってそういふうなことが、自分の中の体験でハッキリするじゃない。

それがハッキリすると、そっからは思量を使わないですよ。

どうしたら、どうなれるかなんて、要らんお世話だって言われますよ。

努力して、作った世界じゃないからね。

一切、そういうことしないから、成れたんだから。

もし少しでも映画そのものになってやろうって、なんかそういことやったら、どこまで行ったって無理ですよ。

手を付けないっていうことは、それくらい自分で何もしないと、そういうところまで落ちていくんです本当に。

そういうことなんですよ。

 

作って出来るなら、楽じゃない?ねぇ。

みんなすぐやれるよね?

そういうことなんですよ。

作らないと出来るんです、これが。

 

自分らしいものをすっかり離れきるって、こんなにおもしろい。

人がなんか、変に変わるんじゃない。

ほとんど、そのままなんだけど、内容がコロッと変わる。

自分のことだから、自分が一番よくわかる。

 

提唱質疑から